【究極】ウーマナイザーでオナニー体験。もうこれなしでは生きていけない!

ウーマナイザー ウーマナイザー

 

家事をしているときでも頭の中はイケナイ妄想でいっぱいのエッチな人妻美保です。

 

私は自分の指を使ってオナニーすることが多いんだけれど、
もちろんアダルトグッズ、いわゆる大人のオモチャも大好き。

 

最近はアダルトグッズも通販で簡単に買えるし、
中身がわからないようにして送ってくれるから、とっても便利ですよね。

 

今日は今まで試したアダルトグッズの中で、
私がものすごくハマっちゃったものをご紹介しちゃいます。

 

大人のおもちゃ、ウーマナイザーの感想

それは、コチラのウーマナイザー。

ウーマナイザー

 

ホワイト、ブラック、パープル、レッドと4色ある内の、私は情熱的なレッドをチョイス。

このコがどんな風に私を気持ちよくしてくれたか、詳しくレポします!

 

ウーマナイザーを使い始めて「5分で3回」

いつも利用しているアダルトグッズサイトで見かけてから、ずっと気になっていたウーマナイザー。

最近はやりの吸引式のクリトリス用グッズで、ローターや電マでは味わえない快感が得られるんだとか。

 

評価も高くて、中には「5分で3回もイケちゃいました」

 

「感じすぎてお布団がびちゃびちゃに」

 

なんてコメントも。

 

一体どんな快感なんだろう?と妄想するだけで、アソコがじんじん熱くなってくる。

 

ちょっとだけ高いけど、思い切って購入ボタンをポチッ。

 

その夜、ベッドに入ってからウーマナイザーの口コミや実際に使用している動画をネットでくまなくチェックしてたら、うずうずが止まらなくて…。

 

キレイなお姉さんがオナニーしている動画を見ながら、私もクリトリスを自分の指でいじって気持ちよくなっちゃった。

 

 

あぁ…ウーマナイザーに吸い込まれる…

11時近くなって、午前中指定にしてあった荷物がようやく届いた。

配達してくれたのが、ちょっとイケメンの若いお兄さんでドキドキ。

 

商品名を書く欄は「電子機器」になっているから中身は分からないはずだけど、万が一アダルトグッズが入っていることがバレたら…。

 

「これで一人で気持ちよくなっちゃうんですか?」

なんて聞かれたら、どうしよう?

 

そんなことを妄想してたら、もう宅急便を受け取る段階で乳首がたっちゃいそう。

 

早速包装を開けて、充電を待つ間がもどかしくてたまらない。

 

フル充電になるまで待ちきれず、10分くらいして試しに人差し指を押し当ててスイッチを入れてみた。

 

ブブブッという低い振動音がして、指先が強い力で吸い込まれるのを感じる。

 

こんな風に乳首やクリトリスが吸い込まれたら、どうなっちゃうんだろう…?

 

ウーマナイザープレミアムの詳細レビューはコチラ!

 

 

ヌルヌルの乳首にウーマナイザーを当ててみたら…

もうどうにもたまらなくなって、寝室へ。

カーテンを閉めて手早く着ていたものを脱ぎ、サテンのキャミソール一枚になる。

 

もちろんブラは着けていないから、肩ひもをずらしたらピンッと立ち上がった乳首がすぐに転がり出た。

 

ウーマナイザーを乳首に押し当てて…。

 

おっと、その前に一緒に買ったローションを塗るのを忘れずに。

 

指先でぬるぬるのローションをたっぷり塗り付けたら、ますます乳首が大きくなっちゃった。

 

いよいよ、スイッチオン。

 

「ああんっ!」

 

キューッと吸い付かれて、思わず声が。

 

まるで誰かに私の乳首をチューッと吸われて、
さらに舌先であり得ないほどのスピードで舐められているみたい。

 

12段階ある強さをひとつずつ試してみたけど、レベル4くらいでもう限界。

 

反対側も試そうと一度外したら、見たこともないくらい乳首がそそり立っていた。

 

指でそっとはじくとビリビリと感じたことのない快感が走り抜けて、これだけでイケちゃいそう…。

 

ウーマナイザーでクリトリスを吸引

いつまでも乳首をいじっていたい気もしたけれど、やっぱりクリトリスで思いっきり感じたい。

 

既にベトベトに濡れているパンティを脱ぎ捨てて、ベッドの端に足をかけてМ字に開く。

 

寝室の美保側のベッドの正面には、ちょうど大きな姿見がある。

 

カーテンから透けて入るうっすらとした日の光でも、私のアソコがびっしょり濡れて光っているのがわかる。

 

ローションなんて必要ないくらいだけれど、万全を期すためにやっぱりもっとヌルヌルにしておかなくちゃ。

 

片方の指でいやらしく濡れているビラビラを大きく開いて、クリトリスをむき出しに。

 

鏡を見ながらローションを垂らすと、アソコの入り口がヒクヒク動いているのが見える。

 

クリトリスは赤く大きく膨らんで、ローションにまみれてツヤツヤしている。

 

ああ、なんてイヤらしい…。

 

ここがこれから、あの強力なパワーで吸い上げられるんだ。

 

想像しただけで、頭が沸騰しちゃいそう。

 

いよいよウーマナイザーの吸い込み口の中にクリトリスを収めて軽く押し付け、スイッチオン。

 

「あああッ!」

 

既に大きく膨れていたクリトリスに、ウーマナイザーがキューッと吸い付く。

 

ナニ、これ?!

 

今まで経験したことない未知の快感にアソコ全体がキュンキュンして、思わず大きな声が出てしまう。

 

吸い込まれて剥き出しになったクリトリスを、空気の振動がぶるぶると高速で揺さぶる。

 

吸引とバイブレーションが同時に襲ってくるなんて、今までのオモチャではあり得ない…。

 

まさに未知の体験だった。

 

レベル1でも十分気持ちいいんだけれど、好奇心が勝っていきなりレベル6に。

 

「ヒィッ…!」

その途端、声にならない声を上げて一瞬でイッちゃった。

 

もう自分でも気が付かない内に、強制的にイカされてしまった感じ。

 

唖然としている間もなく、まだクリトリスに吸い付いているウーマナイザーが次の快感を呼び寄せる。

 

私は普段、クリトリスでイッた後は、しばらく敏感になりすぎて触れない。

 

でも、ウーマナイザーはイッてもいつものピリピリした嫌な敏感さがなくて、まだまだ続けられる気がして…。

 

「あふぅッ…。あああンッ!」

 

イッてもイッても、次々オーガズムの波が押し寄せる。

 

そしてその波は、どんどんどんどん大きくなっていく。

 

もう私は声を上げ続け、腰を揺らして何度も何度もイきまくるだけ。

 

 

 

ウーマナイザーのせいでベッドがびしょぬれに…

何度イッたかわからないくらい絶頂を迎えて、半分意識が飛んじゃってたみたい。

 

ふと気が付いたら、ベッドに寝転がる私の隣で、まだウーマナイザーがブーンという音を立てていた。

 

もう足がガクガクで、力が入らない。

 

なのにスイッチを止めようとしてウーマナイザーを手に取ったら、またあの感覚を味わいたくなって…。

 

今度はレベルを3くらいの緩めに設定して、もう一度そっとクリトリスに。

 

キューッと吸い付かれて、あれだけイッたはずのクリトリスがまた快感に震え始める。

 

必死に身体を起こして、ウーマナイザーをクリトリスにあてたまま、左手の人差し指と中指をアソコの中へ。

 

「んんぅっ…!」

 

指の腹でザラザラとしたところを探りあてる。

 

ここが私のGスポット。

 

一番気持ちいいところに指を押し付けながら、大きなストロークで抜き差し。

 

ジュブッ、ジュボッ、というイヤらしい水音がたまらない。

 

「あ、あ、あ、出るッ…!」

 

何度目かのクリトリスでの絶頂と同時にアソコがキューッと締まり、次の瞬間、ブシュッと何かがアソコから噴き出した。

 

「ああああっ!」

 

クリトリスとGスポットで一緒にイッただけじゃなくて、潮まで吹いちゃうなんて…。

 

正面の鏡を見たら、アソコからまだぽたぽたと潮が垂れていた。

 

あ~あ、またベッド、びしょびしょにしちゃった。

Womanizer(ウーマナイザー)プレミアム
Womanizer(ウーマナイザー)プレミアム

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました